MENU

レコーディング・ダイエットのコツ

1年間でマイナス50kg、ウエストが110cmから78cmに変わったというご自身のダイエット経験を著した本が大ヒットした岡田斗司夫さん。

 

彼の著書こそが、レコーディング・ダイエットについて書かれた「いつまでもデブと思うなよ」です。2007年に発表されたとは思えないほど、広く一般に定着しました。食事した内容をノートに記せばいいだけというダイエット方法なのに、成功率が高いというのが人気の秘密です。

 

ただ、多くの人がレコーディング・ダイエットで成功しているにも関わらず、失敗している人もいるようなのです。失敗には原因があるはずですから、ここではレコーディング・ダイエットを成功させる秘訣についてお話します。

 

食べたものをメモするのが基本中の基本

 

レコーディング・ダイエットで失敗してしまう原因の一つに、他のダイエットと混同や併用してしまったり、食べたものを書くだけなのに挫折してしまうことがあります。

 

食べたものをメモする、これがレコーディング・ダイエットで一番大事なことです。ほんの一口ふくんだジュースでも、ぶどう一粒でも、出来れば食べたすぐ後に書き出すのが理想です。

 

レコーディング・ダイエットを始めようとすると、人の心理としては自然に見栄が出てきます。自分だけが見るノートなのに、都合の悪い食は隠してしまうことがあるのです。

 

そんなことは絶対にせずに、食べたものは残さず書き出すことが重要です。最初のうちはカロリー計算などせずに、ダイエットのストレスがなくなるまでは摂取カロリーを無理に抑えることもやめておきましょう。

 

アレンジやリセットはNG

 

ダイエットに失敗しやすい人の傾向に、自分流にアレンジしすぎたり、ちょっと失敗するとリセットしてしまうという特徴があります。

 

レコーディング・ダイエットでもこれらはNGで、他のダイエット法と組み合わせたり、食べ過ぎたからと一から出直すのはいけません。

 

もっと自然にとらえて、食べることは身になることだと理解すれば、あれが食べたいこれが食べたいというよりは、今体に必要な食べ物はこれだとわかってきます。

 

気持ちが求めている食べ物より、体が求めている食べ物を食べるようになれることこそ、レコーディング・ダイエットの目的です。そうなるまでには、3ヶ月から半年以上はかかると思って、じっくりダイエットする覚悟でいきましょう。