MENU

食べる順番ダイエットの順番とは

爆発的な人気を得て、現在もロングヒット中のダイエット方法、レコーディング・ダイエットと人気を二分するほどのダイエット方法が登場しました。

 

それは「食べる順番ダイエット」、ダイエット中にはタブーといわれる外食でもコンビニ食でも可能なのも便利なダイエット方法です。

 

ここでは、食べる順番ダイエットのやり方について、コツと共にお話しましょう。

 

食べる順番とは

 

食べる順番ダイエットでの食べ順とは、まず野菜を食べてからたんぱく質を食べ、最後に炭水化物を食べる順番です。

 

サラダでも漬物でも野菜入りのおかずでも、とにかく野菜を一番最初に食べ切りましょう。それから、メインとなるおかずに含まれるたんぱく質をとるのです。

 

ご飯やパン、麺類などの炭水化物は、必ず最後にとるのが大切なことです。たったこれだけのことを守るのがダイエットになるなんて、不思議ですね。でも、この食べ順には、大きな秘密があるのです。

 

糖質や脂質の吸収を抑制

 

食べる順番ダイエットのメリットは、食事に含まれる糖質や脂質を吸収させにくくするということが一つにあります。

 

普通の食事を食べているだけで何故このようなことが可能になるのかというと、最初に野菜を食べるからです。野菜には食物繊維がたくさん含まれていて、この成分が糖質や脂質の吸収を抑制してくれます。

 

野菜をはじめに食べることで、食事のかさを増やして先にお腹を満足させてしまうのがメインの目的だと思っていた方もいるのではないでしょうか。

 

それも確かにありますが、実は食物繊維には空腹感を満たす以上の偉大な力があったのですね。炭水化物にはたくさんの糖質が含まれ、糖質のとりすぎは肥満だけでなく肌のくすみなどにもつながります。

 

脂質よりも危険視する人もいるくらいですから、食物繊維を豊富にとることでお肌もボディラインもきれいな体を目指しましょう。