MENU

糖質制限ダイエットのメリットとデメリット

糖質制限ダイエットは、またの名を低インシュリンダイエット、抵糖質ダイエット、主食抜きダイエットなどと呼ばれています。

 

とにかく食品に含まれる糖質を制限することで、体の糖化を防ぐのが目的です。糖質は、砂糖に代表されるように、いかにも太りそうな栄養成分です。

 

人間の体に必要な栄養でもありながら、食べ過ぎると肥満につながってしまうので、痩せている人でも摂取量に気をつけたいところです。

 

ここでは、糖質制限ダイエットのメリットとデメリットについてお話します。

 

糖質を制限するメリット

 

なぜ糖質を制限するとダイエットに良いのかは、カロリーを抑えることができるというだけではありません。糖質をとると血糖が上昇してインスリンが分泌されますが、その理由は筋肉などに血糖を流してエネルギーとするためです。

 

しかし筋肉で血糖を受け入れる量は決まっているので、あまった分は脂肪細胞になってしまうのです。これまで、脂肪細胞は過剰な脂質からのみ作られると思っていた方には、目からウロコかもしれませんね。

 

つまり、糖質があまってしまえばしまうほど、脂肪細胞が肥えてしまうのです。血糖が急上昇してしまうのも、糖尿病などにつながる恐れがあり、健康面でも心配です。

 

糖質の少ない食品をとるようにすれば、お腹が空いたときに食べても血糖値がゆるやかに上がるので、エネルギーとして燃焼されやすいのです。この他、人間の体の宿命でもある糖化を避けられるので、美肌を目指すこともできるメリットがあります。

 

糖質を制限する際のデメリット

 

一方、糖質を制限すると危険だという説も出てきています。これは、極端に糖質を制限することがよくないという意味です。

 

まず、糖質を必要なぶんまでとらないでいると、栄養が脳や筋肉にまわらずに体調が悪くなることがあるというデメリットです。

 

また、糖質の代わりにたんぱく質をとりすぎると、蓄積することができないたんぱく質を分解するために肝臓の負担が多くなるなどのデメリットもあります。